曽於市のしゃらこども園は、豊かな思いやりのある心、知的好奇心や遊び心のある保育、教育、基本的生活習慣の育成等を通してまことの保育(仏教精神に根ざした保育、教育)を目指しています。

menu

2016年 11月

後日談 焼酎ですが

この記事を詳しくみる

本格焼酎霧島、宮崎限定版、飲みました。まぁ、なんとか安心しました。ただ、現在の技術は良くなりすぎて、においが物足りないのは仕方がないのでしょう。気のせいかと思って、白霧島を飲み直しましたが、無味無臭といいますか、やっぱりダメです。おいしく飲む一番の薬は、充実した仕事をして、気持ちを明るくし、健康に身体を整えることです。飲み過ぎには注意しましょう。おいしく飲むために。痛飲しすぎて、二日酔いで反省反省でした。ちなみに、新焼酎は現在どこも売り切れていると思いますので、飲みたい方はしばらく待っていただくことになると思います。藤本ジメイ

この記事を詳しくみる

変えてはいけない

この記事を詳しくみる

11月1日、霧島酒造から宮崎、曽於市限定焼酎が売り出されました。飲まれる方はご存じでしょうが、昨年、「白霧島」を霧島酒造は売り出しました。私はうっかり、「今までの霧島に白をつけただけのネーミングの変更」と思っていたら、これが大間違い。最初に飲んで、んっ、薄い・・・香りがない・・・十代から?慣れ親しんだ霧島じゃない・・これはもうびっくりしました。霧島、おまえもか、世の中に流され、都会で売れるような甘っちょろい焼酎になってしまったか。地の焼酎とは、一見さんにはハードルが高いが、慣れてくるとその旨味が癖になる、ものでなくてはならない。日本一になって血迷ってしまったかと嘆き悲しんだ...

この記事を詳しくみる

食べて飲んで語る

この記事を詳しくみる

朝日新聞平成28年10月29日土曜日版 作家の口福 赤坂真理 より「あなたも、私も、食べる」水俣に行かれた赤坂さんの話です。元々は水俣には美しい海と塩田があったところに、近代農業を支える肥料づくりの会社が進出しメチル水銀をばらまいた。その毒を食べた生き物たちが「超重度の食中毒」を起こしたのが水俣病だと言えるとわかった。小さな弱い生き物から有機水銀に侵され、胎盤を通して胎児にまで食中毒が広がったということだ。権力や経済による食のコントロールから始まり、徹頭徹尾、食と関わった病であるから悲しい、必ず何かを食べるのだから。水俣を訪れて、水の甘さ、温泉の心地よさ、食べ物も酒もおいし...

COCOKURA MARCHE お知らせ

この記事を詳しくみる

11月20日日曜日にイベントがあります学童保育の指導員の先生が「NIWATOKO」45番に出店します107店舗が大集合するイベントですお時間を作って、秋の1日、楽しまれてはいかがでしょうか場所 高城観音池オートキャンプ場時間 10時から16時まで詳しくは、表題HPを参考にしてください藤本ジメイ

この記事を詳しくみる

そお市民inたからべ

この記事を詳しくみる

 10月30日(日)に城山陸上競技場にて、そお市民祭が行われました。 3歳以上児のお友達がキッズエアロビクス・リレー・ミュージカルスポーツを行いました。 キッズエアロビクスでは濵﨑先生と一緒に音楽に合わせて元気いっぱい身体を動かしました。        ミュージカルスポー...

この記事を詳しくみる
上に戻る
上に戻る