曽於市のしゃらこども園は、豊かな思いやりのある心、知的好奇心や遊び心のある保育、教育、基本的生活習慣の育成等を通してまことの保育(仏教精神に根ざした保育、教育)を目指しています。

menu

2017年 1月

食育学習№4

この記事を詳しくみる

1月30日(月)、年中児で節分に向けて大豆の勉強をしました。「大豆で作る食品を当てれるかな?」クイズでは、各班に分かれ触ったりにおったりして特徴を探す子どもたち。        みそ、しょうゆ、納豆、豆腐、きなこ、枝豆、高野豆腐の名前あてに挑戦! 「納豆くさいー」 「みそ...

この記事を詳しくみる

金持ち病気せず?

この記事を詳しくみる

週刊朝日1月20日号 パテカトルの万能薬 脳科学者 池谷裕二よりアメリカで高所得者層と低所得者層の寿命を調査してみると、上位1%の高所得者層は下位1%の低所得者層より14.6才も長生きすることが分かったそうです。一つはアメリカの保険制度により、より高度の医療を受けられるのはお金持ちであること。2つめは健康リテラシーの差ということリテラシーとは、適切に理解、解釈、分析することで、健康衛生的に好ましくない行動を避けるという健康への意識が高いのが高所得者層であること。そして、3つめは社会的ステータスの差であるといいます。社会的地位が変わると、免疫力に差が出るのだそうです。さるの実...

食育学習№3

この記事を詳しくみる

1月6日(金)のおやつは”七草粥”でした。3歳以上児の子ども達のおやつの時間に、七草についての食育学習を行いました。      ”せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ” 一緒大きな声で言ってくれました。 七草粥を食べると今年1年病気をせずに元気に過ごせることを学びました。 子ども達は「七草粥美味しいよ」と食べてくれました。食べ終わった後は、実際に七草に触ったり、 においをかいだりと興味津々の子ども...

この記事を詳しくみる
上に戻る
上に戻る