曽於市のしゃらこども園は、豊かな思いやりのある心、知的好奇心や遊び心のある保育、教育、基本的生活習慣の育成等を通してまことの保育(仏教精神に根ざした保育、教育)を目指しています。

menu

スタッフブログ

SDG’s 考えすぎてわからなくなる

この記事を詳しくみる

昨年、SDG's、勉強しようとして、生半可につまみ食いをしたら分からなくなってしまいました どうしようかと考えていたら、ひょんなところにヒントがありました それは、 日本国憲法 前文です 「(前略) 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。 われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、 名誉ある地位を占めたいと思ふ。 われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から...

この記事を詳しくみる

閉じた世界での交流の注意点

この記事を詳しくみる

日本のデジタル機器の使い方で特徴的なのは、閉じた仲間内での交流が盛ん、ということでしたしかし、近年は、仲間内での言い合いが広く外に向かって発信される傾向があります小学校で、一人の子に対しての悪口がみんなに広まり、結果的にいじめにつながった事例が報道されましたまた、ある女子プロレスラーに対しての誹謗中傷が死に結びついたこともあります面と向かって悪口を言うことははばかれますが、横を向きながら悪口は言えます。本人がいないところで、みんなであることないこと、自分勝手な悪口を言うことはできます。この園のことについても、当人は我々が知っていることをご存じないかもしれませんが、園長との会...

この記事を詳しくみる

学校からのお知らせを確認する

この記事を詳しくみる

前回、Eメールを使う、授業の後にネット閲覧して関係資料をみる、校内のウェブサイトを見て、学校からのお知らせを確認する、コンピュータを使って宿題をするは、日本の平均はわずか3%台、OECD平均は20%台ですとお知らせしました。道具としてのデジタル機器という認識が、まだ育っていないように思います。いつでも、すぐにお知らせを確認して次の行動の予定を立てる癖をつけてもらいたいです。宿題は答えではなくて、問題に対してどのような理解ができているかを探すと考えてみれば、関係資料を探すことは立派な勉強になると思います。せっかく、地域の壁を越えて、時間の距離を縮められる環境があるのですから、...

この記事を詳しくみる

自分に合った進度で学習できれば

この記事を詳しくみる

朝日新聞の記事で、1週間のうちの教室の授業(国語)でデジタル機器をどのくらい利用しますかという調査がありました。(2018年)一番多かったのはデンマークで1時間以上が68.7%、アメリカが18.6%、韓国が19.1%、ドイツ5.6%、日本は3.0%利用しないが、同様に6.4%、24.2%、53.6%、61.9%、日本が83%でした。日本は少ないですね。ところが、学校外での平日のデジタル機器の利用状況では日本が突出しています。ネット上でチャットするは、OECD(経済協力開発機構 ヨーロッパ諸国を中心に日・米を含め38ヶ国の先進国が加盟する国際機関)平均が67.3%、日本は87...

この記事を詳しくみる

GIGAスクール構想 

この記事を詳しくみる

GIGAとは、Global and InnovationGateway for AII の略だそうです注目すべきは  for AII ですすべての子どもたちに、学校教育における情報通信技術環境整備するという構想ですすべてデジタル化で問題が解決するとは思っていません逆に、こども園では、デジタル化の前に日常の経験を豊かにすることが大事だと思います空が青いのは、水が冷たいのは、虫が動いている、秋は葉っぱの色が変わる等々そして、その先に、情報通信技術環境整備をすることにより、各々の進度で学習ができるのですデジタル技術は道具です包丁は便利な道具ですが、使い方を間違うととても危険な凶器...

この記事を詳しくみる

資源の無駄 SDGs

この記事を詳しくみる

  誰一人取り残さない、ということが貧困、資源の無駄につながるように思います。同じことになりますが、これを一地域の問題ではなく、国際開発目標にしたことが大きな動きにつながっていきます。人の力は資源です。多くの人が、ゴミを出さないようにしよう、食べ物を粗末にしないようにしよう、と共通の認識を持つことが力になるのです。江戸期の江戸をモデルにすると、隣近所で助け合わないと生きていけないの...

この記事を詳しくみる

貧困とデジタル化

この記事を詳しくみる

温室効果ガス排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」への挑戦の一環として、ペーパーレスの取り組みを紹介しました。また、目には見えませんが、6年前に園舎を建てたときに、屋根と床の徹底した断熱構造を取り入れました。大雨の時にも屋根をたたく雨の音が静かに聞こえるくらい断熱材がきちんと入っています。では、それが資源の無駄をなくす以外にどんな効果があるか少し考えてみます。1.職員の手間を少なくすることで、園...

この記事を詳しくみる

国の資料から紹介 ペーパーレスの方向

この記事を詳しくみる

  大きな話から小さなことを話すと時間がかかり、自分のこととして考えることが難しくなることもありますので、身近な小さなことから広げていく方法をとってみます17の目標のうち、園で取り組んでいるのは、重点項目のⅢ SDGsを原動力とした地方創生、経済と環境の好循環の創出、の中の2,050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」への挑戦も通じ、世界のグリーン産業を...

この記事を詳しくみる

SDGsのお勉強 1

この記事を詳しくみる

持続可能な開発目標と世間ではいわれますが、きちんと勉強をされたかたは少ないのではないでしょうかそこで、ここで少しずつ一緒にお勉強をしてみたら、というより自分自身の為にみなさんの力をお借りして勉強をしてみたいと思います。今、しゃら園はなにを目標として何ができるのか、問題がはっきりしてくるのではないかと思います。ゆっくりですが、一緒にお勉強していきましょう“2030年までに貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求しよう”。大胆かつ新しい「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が2015年9月に国連総会で採択されました。そこに盛り込まれているのが、世界を変える...

この記事を詳しくみる

蜂蜜食べて死亡

この記事を詳しくみる

生後6ヶ月の男児が蜂蜜入りの離乳食を与えられて死亡の記事男児は生後4ヶ月ごろから、市販のジュースに蜂蜜を混ぜて1日2回、約10グラム与えられていました蜂蜜は、一歳未満の乳児には与えないでくださいボツリヌス菌が腸の中で増殖して重症化します ただし、1歳以上は特に問題はないようです他に、自家製野菜スープ、井戸水、コーンシロップ、缶詰などが乳児ボツリヌス症の原因となる可能性のある食品例です(食品安全委員会まとめ) 121度で一定時間加熱すれば死滅するとされますが、家庭での調理では難しいようです。

この記事を詳しくみる
12
上に戻る