曽於市のしゃらこども園は、豊かな思いやりのある心、知的好奇心や遊び心のある保育、教育、基本的生活習慣の育成等を通してまことの保育(仏教精神に根ざした保育、教育)を目指しています。

menu

しゃらこども園は 感謝・感動・ご恩・おもいやり の心を育てる認定こども園です。

  • しゃらこども園について
  • 園での生活
  • 保育方針
  • 入園案内
  • 採用情報
  • 情報開示
  • 子育て支援
  • スタッフブログ

連絡帳

 

 

 

 

 

保護者のみなさまへ

イベントカレンダー

しゃらこども園専用アルバム

園内で撮影したイベントや普段の様子の写真を、閲覧・ダウンロードすることができます。

アルバムにログインする

今月の給食

献立

献立を見る
2016年09月09日 死が満ちている

私の周りは死で満ちあふれている。先日、福岡の博多座で『エリザベート』を見てきました。主役は勿論、ハプスブルク家神聖ローマ帝国最後の皇后、エリザベート、そして、トート閣下。トートとは、ドイツ語で、「死」を意味します。つまり、『エリザベート』は、「死」を愛せるかという物語なのです。それはそうと、先日来、身の回りで悲しい出来事がありました。園の庭に、見慣れない幼鳥が落ちていました。ペリカンのような口を持ち、足が緑色していました。ササゴイの幼鳥でした。歩くには歩くのですが、羽が折れているように見えました。どうしようもなく、親がいたらなんとかするかも、とそのままにしていましたが、猫に...

保育コラムをもっと見る
上に戻る