曽於市のしゃらこども園は、豊かな思いやりのある心、知的好奇心や遊び心のある保育、教育、基本的生活習慣の育成等を通してまことの保育(仏教精神に根ざした保育、教育)を目指しています。

menu

2017年

仏参誕生会・バイキング

この記事を詳しくみる

 12月22日(金)、仏参誕生会・バイキング給食を行いました。 好きなメニューが前に並べられると大喜びの子ども達でした。 本日のメニューは、ジャムサンド・鮭バターコーンピラフ・ゆかりおにぎり・ローストチキン マカロニグラタン・タコさんウィンナー・フライドポテト・カップ野菜・コンソメスープ・いちご・みかん。    年長さんのお当番のお友だちが配膳してくれました。  3歳未満児の子どもたちは各クラスで頂き、たくさんのご馳走に目...

この記事を詳しくみる

食育

この記事を詳しくみる

12月18日(月)花組、20日(水)月組できのこを使ったピザトースト作りをしました。しめじ、エリンギ、コーン、ウインナー、玉ねぎとたっぷりピザソースを自分たちでトッピング。自分たちで作ったピザトーストを3時に食べて、大満足な子ども達でした。

この記事を詳しくみる

食育

この記事を詳しくみる

12月19日(火)、年少組で11月6日に収穫したお芋を使ってスイートポテト作りを行いました。子ども達には、つぶしておいたさつま芋の形を整えてもらう作業をしてもらいました。それぞれが思い思いの形を作っていき、なかなか上手に出来ない子もいましたが、なんとか出来上がりました。    自分が作ったスイートポテトに大満足の子どもたちでした。 今回のスイートポテト作りで、収穫した物を調理し食べる体験を通して、食べ物に対して興味を少しでも持ってもらえたらよいかと思います。スイートポテトは、包丁を使わずに出来る簡単な料理なので、ぜひご家庭でもお子さんと一緒に作ってみて下さい。

この記事を詳しくみる

反省 

この記事を詳しくみる

少し前の日本人はあだ討ちを公然と認めていたようです。殺された父の敵を子がやりとげるのが武士の当然の行いであったようです。あくまで時代劇からのイメージですが。しかし、考えてみると動物は敵討ちをしません。シマウマが、「あのライオンは、俺の父を食べやがった、ちくしょう、復讐してやる」とはいいませんし、また実行にも移しません。人間なら、たとえそれがライオンの当然の行いだとしても、おそらくそのライオンを人食いライオンといって殺しにかかるでしょう。復讐って誰のためにやるのでしょうか。反省は反求ともいい、「事の原因を我が身にかへりみ求める」「我が身を責める」と辞書にあります。いま世界の国...

子育て支援触れ合い給食

この記事を詳しくみる

11月28日(火)、子育て支援触れ合い給食(給食試食会)を行い4組の親子が参加してくださいました。この日の献立は、田舎汁・ぶりのみぞれ煮・チンゲン菜のおかか和えでした。野菜が苦手なお友だちも給食は残さずに食べていますよとお話しするととても驚かれていました。 みんなで食べる給食は美味しさ倍増!!和やかな雰囲気の中、給食を食べる良い試食会となりました。参加してくださいましてありがとうございました。  

この記事を詳しくみる
上に戻る
上に戻る